2017年10月26日 (木)

俳句第2週の暗誦句

P1060318
サツマイモの蔓の先端の緑がきれいだったので。

もう少し暖かだったら根がでてくるかもですが、朝顔もこのようにすると発根するらしい。

同じサツマイモ属だと知りました。

20週俳句入門の第2週の暗誦句

村上鬼城

残雪やごうごうと吹く松の風

冬蜂の死にどころなく歩きけり

けふの月馬も夜道を好みけり

| | トラックバック (0)

2017年10月23日 (月)

レース編み美しい!~お友達、姉、姉達に感謝

P1060312
姉から送られてきた荷物の中に、姉のお友達という方からのプレゼントが入っていました。

介護をしている私への励ましのプレゼント~美しい!~そして本当に感謝です。

ありがとうございます。

いつもいつもに感謝なのです。

いつもいつも姉達に感謝なのです。
P1060316
こんな風にしてみました。

何ともない日常の空間が癒しの雰囲気を出してくれています。

P1060314
そしてプレゼントのスープも。

早速コーンスープをいただきました。

トロ~っと、とても美味しかったです。

温まります。

俳句暗誦句第2週分は、近々アップする予定。



| | トラックバック (0)

2017年10月17日 (火)

俳句入門の本~第1週の暗誦句

図書館に予約していた「新版 20週俳句入門(藤田 湘子 しょうし 1926~2005)の本が手元にやってきました。

(2000年に立風書房より刊行された後、(株)学習研究社により刊行された「新20週俳句入門」を改題し、一部修正されて角川学芸ブックスより刊行 初版平成22年)

45年以上(著作当時)俳句を作り続けてきた著者が、あちこちのカルチャー教室でかかわってきた結果、(俳句は奥が深いけれど)初めての人を、どう手引きしていったらいいか、あるいは初歩の人たちが横道にそれやすいのはどういうところか、ということが、じつによく分かったのだそうです。

著者が説くことを「しっかり読み」、「忠実に実践すること」が約束事です。

1週を必ずしも7日で区切らず、人によっては5日または3日に短縮してもいいし、逆に、より日数をかけてもいいそうです。

毎週の宿題があり。

作句以外の宿題に、「今週の暗誦句を確実に記憶すること(記憶が完全でなければ次週に進まないこと、だそうです)」

第1週の教えは、「自分のために」「自分の俳句を作る」ことをわすれないようにとのことです。

第1週の暗誦句(朗々と声をあげて読む。作者名も記憶する。)

いずれも高浜虚子

 遠山に日の当りたる枯野かな (とおやまに~)

 桐一葉日当りながら落ちにけり (きりひとはひあたりながら~)

 一つ根に離れ浮く葉や春の水 (ひとつねに~)

 鎌倉を驚かしたる余寒あり (~よかんあり)

P1060310
ハツユキカズラ

 

| | トラックバック (0)

2017年10月13日 (金)

「20週俳句入門」の本

夏井いつきさんの俳句講座を受けた姉が、「夏井いつきの超カンタン!俳句塾」の本を買ったとのことでしたが、なんと丁度それを知る前に、同じ本を図書館で予約していたのでした。

1日1句の話を聞いてから約3週間、かろうじて駄作しかできないのにもめげず何とかひねり出しています。

日頃の日常の中で題材を探すのは結構たいへんですが、別にどんなんでもいいしと思いながら。

「すその組」の末端でも居座れたら。

こういう機会、時間を持つきっかけとなった(夏井いつきさんの講座を受けた)姉たちに感謝。

このことがなくても、姉たちには感謝の気持ちでいっぱいなのですが。

宝物です。

それで超カンタンの本で少し触れられていたのが、「20週俳句入門」(藤田 湘子)という本。

その本のことを思い出して、図書館の蔵書検索で見たらあったので先ほど予約してみました。

何しろ最低20週は毎日作句しなさいという内容かと(20週は半端な数字と思いながら)思ったら、20週で上達する内容とか。

P1060307

カナリア色のトランペットも沢山花をつけました。

| | トラックバック (0)

2017年10月12日 (木)

秋明菊

P1060288
秋も徐々に深まっていくかと思いきや、日中は蒸し暑いほどになったりしました。

そして今日は先日までの青空と打って変わって雨模様。

放ったらかしでも、毎年シュウメイギクが咲いてくれます。

楚々としているのに、丈夫な植物です。

ということで、この時期にはいつも登場します。

特にガーデニングもしないので同じ花ばかりです。

P1060290
ピンクのシュウメイギクは少し小さめ。

P1060292
何年も前に挿し木して植えつけたエンジェルストランペット。

結構日陰の場所ですが、順応してくれたのか今年は花を多くつけました。

数年全く花は咲かず、最近一度に2、3個だけでしたが。

イメージは夏の花という感じですが、10月頃~よく咲きます。

姉たちが、夏井いつきさんの俳句講座に行って、何しろ1日1句作りましょうと言われたという話を聞いて、やってみようかなと挑戦中ですが、やっぱり難しい。

「日々の生活の中でもじっくり観察するなどでテーマを見つけて作句できる。」というようなことも言われているようです。

発想力・ひらめきが欲しい。

でも、どんな句でも続けることに意味があると自分を励ましております。

なにしろ俳句の「すその(裾野)組」です。

| | トラックバック (0)

«一天秋